ペット保険での少額短期保険

日本で利用することができるペット保険契約は大変充実した保険契約が多いです。犬や猫が加入できるペット保険契約だけでなく、その他の動物でも加入することができるペット保険があります。

しかし、注意したいのが大変珍しい動物に該当しない鳥類や爬虫類そしてウサギなどの小動物が加入できるペット保険契約です。ペット保険として利用することができる保険契約ですが、保険内容が犬や猫を対象としている一般的な保険内容と大きく異なります。

特別な動物を対象とすることができるペット保険契約を提供している保険会社の中には、少額短期保険業に該当する保険会社があります。この保険会社は、一定の事業規模の範囲内で保険料を行う会社で、保険金額が少額であり保険期間が原則1年以内の保険のみを引き受ける会社に該当する事業です。

この少額短期保険を行っている保険会社では、保険業法で規定されている保険契約者保護機構の補償対象契約に該当しない保険契約になります。そのため少額短期保険業を行っている保険会社の経営が破綻した場合には、保険契約者保護機構が行っている資金援助の措置ないため注意が必要となります。

最悪の場合には保険契約は無効となるため、加入するときには十分に注意が必要な保険会社になります。